甲府信用金庫、昭和町に「昭和支店」を平成30年4月16日に開設

 甲府市に本店を置く、甲府信用金庫は平成30年4月16日に中巨摩郡昭和町上河東に「昭和支店」を開設することを発表しました。この昭和支店の開設により、同信用金庫の店舗は本・支店合わせて26店となります。


 甲府信用金庫は昭和町において、これまでに「イオンモール甲府昭和」と「イトーヨーカドー甲府昭和店」にATMを設置しておりますが、今回、昭和支店を開設することにより顧客の利便性がより向上します。


 昭和支店の立地は町立常永小学校の東で、最寄駅であるJR身延線・常永駅から北西へ徒歩10分ほどのところとなります。


 営業時間は平日9:00から15:00までとなっておりますが、平日夜間や休日も営業するローンコミュニティーや全自動貸金庫を併設するとのことです。


 さて甲府信用金庫は、大正7年5月に「甲府信用組合」として設立。昭和26年に信用金庫法に基づき、甲府信用金庫となりました。預金残高は4050億円余(平成28年度末)で、山梨県内の信用金庫としては第2位の預金残高となっております。


 余談ですが、預金残高第1位の山梨信用金庫は、平成14年に甲府商工信用金庫と大月信用金庫が合併してできたものです。預金量は僅差で山梨信用金庫が上回っており、一時は甲府信用金庫との合併計画(1県1信用金庫の計画)もあったそうです。

時事ニュースやら何やら news-japan.net 平成30年3月16日 記事再掲 



posted by jiji-news-yara at 21:38 | Comment(0) | 金融機関の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。